2020年07月03日

2020/7/3 ザラ場はいろいろあるもんだ・・・

さて、3連敗中の身としては今日こそは勝ちたい。
だけど半年も同じように負け続けているのはどうしてなのか?
寄り付き後のエントリーに関して、結局負ける時は指値を貫かれて損切りしなかった時。
損切りしなければ当然ダメだけど、そもそも貫通されるのが問題。
貫通されないようにするにはどうしたら良いか?
指値を入れなければ良いのでは?

ということで、寄り付き後はあらかじめ指値を入れないで、エントリー直前に指値を入れるという方法を実行しようと考えました。

今日の寄り付きは2銘柄成行買いでエントリーしました。

4598 デルタフライファーマ
7707 PSS

■結果

4598 早速特売り。47ティック頂戴しました。これ、握っていればすごく上がったようですが、47ティックなんて十分過ぎです。

7707 こちらも特売りだったのですが、何となく反発が弱そうだったので13ティックで撤退。頑張れば20ティックくらい取れたようですが、そんなこと出来れば苦労しませんし・・・

ということで寄り付きで6000円ゲットでした。

そして、その後は急落銘柄をひたすら探す作業に徹しました。

下落してくる銘柄はたくさんあります。そんな中でどれを選んで良いか見当がつかず9時台に 4335 IPSと7707 PSSにエントリーしてみましたが、やっぱりビビっちゃうんですよね?握ってられずすぐに利確しました。でも、上昇したのは確かでした。

なのでその後は下落してくる銘柄を拾ってエア取引することにしました。

・下落を確認
・すぐに板を確認し、現在の価格で買ったとする
・上がるか?下がるか?

って検証をしてました。

最初のうちはたくさんの銘柄が引っかかったので忙しかったですが、だんだん出来高を伴う銘柄が少なくなってくる。
そうすると暇になる。

じゃあ、一発指値入れるか!

ということで後場3760 ケイブが1865円近辺にいたので1851円で指値を入れてみました。(エアじゃないです・・・)

結果、即座に貫通。1840円まで下げました。

リバったので2円抜きで逃げられましたが、これって1840円まで下げた後に1845円あたりで買っていれば、もっと取れるじゃん。ということがわかりました。もちろん1852円でリバって何事もなかった可能性もあるので難しいところですが・・・

検証の結果はまだまだなんとも言えません。来週も暇な時間に引き続きやってみようと思うのですが、とにかく負けないトレードスタイルを身に着けたいです。

そう言えば余談ですが、2時過ぎのPSSの爆上げ、私は初動から見ていました。PSSが下落してきて1825円で買ったら上がるかな?ってエア取引してたら上がりました。しかもどんどん上がってきました。

私はエア取引していました。頭が切り替えられなかったのです。普通にチャンスの初動を我関せずと傍観していました。1825円が1900円あたりになるまで・・・

ほんと、ザラ場は何が起こるかわかりませんね。練習のつもりでいたって、チャンスには参加する発想の転換が出来ないとダメだな?

今週もお疲れ様でした。来週も頑張りましょう。私も頑張ります。

本日の収支:6462円
今月の収支:-17472円

画像ファイル
posted by ちぬっち at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレード報告 2020年7月
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187660487
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック