2020年07月10日

2020/7/10 さすがに情けない・・・

昨日の寄り付きから大引け10分前まで2銘柄持ち越しという「最低その1」な負け方をしたもんだから、今日は寄り付きは慎重に行こうと思いました。
時間の拘束をされてしまうとどうにもならないから、ダメだと思ったらすぐに損切りすることを心に誓いました。

そして今日はチャンスを待つことももちろんなのですが、少し手数を増やして細かく取っていこうとも思っていました。
ここ数日取引回数が非常に少なく、これではいつまでも上達しないのではないか?
少しくらい負けても良いから、inしてすぐに損切りして、っていうトレードの練習した方が良いな?と思っていました。

ところが、後場に昨日に匹敵する情けない「最低その2」な負け方をしてしまいました。

まずは寄り付きですが、以下の2銘柄を成行買いしました。

4436 ミンカブ・ジ・インフォノイト
7047 ポート

■結果

4436 2109円で寄り付き一瞬上昇したのですが、間に合いませんでした。
昨日の悪夢再現・・・
2100円をどうしても抜けない雰囲気なので2099円で損切りしました。
物凄く肩の荷が下りましたよ…

7047 昨日のことは忘れないといけないのですが、どうしてもすぐに下げてしまうイメージが残っていたため、6ティックで捌いちゃいました。その後結構上昇しましたが、ミンカブに気を取られていたためちゃんと見れず。
寄り付き1銘柄に集中した方が良いのだろうか?

ということで今日の寄り付きは400円マイナスからのスタートでした。

この後はチャンスを待つ傍ら出来高の多い銘柄にinして細かく取ることを実行してみました。

なかなか難しくて利益を大きく伸ばせない。それでも多少の利益は出るようにinすることが出来ていました。
たまに逆に行っちゃったのをちょっと躊躇して、利益を無くしてっていう感じで前場は500円マイナスくらいで終わりました。

そして後場も引き続き細かく入ってみようと思って 4599 ステムリム に入りました。

動きが激しくて引き付けて反発を取ってって感じでプラ転したのですが、ちょっと油断したら27ティック持っていかれてまたマイ転。

何とかせねばと思い細かく取り返していたのですが、1時半くらいに入ったところで下に持っていかれました。

その時はまだ大したことなかったんです。急に動きが緩慢になったように思えたんですが、ギリギリ反発を繰り返していた。
チョコチョコとナンピン買いして売ってなんてことやりながらマイ転した分を取り返したいと思ったのがいけませんでした。

買った分はプラスになったのに、マイナス取り返そうと思って粘ったとたんに50ティック持っていかれました。

目の前真っ暗になりました。

思い直して1004円でナンピン。一気に12000円くらいのマイナスが反発でマイナス5000円くらいまで戻りましたが、ここでまた欲張りました。

はい、一気に1000円切って下落していきました。

どこかで戻る、どこかで戻るって自分の中で祈っていました。
昨日みたいに最後に少しは戻すのでは?
なんて思ってみたりもしました。

結果、引けまで握って底で決済。この分の損失は29500円でした。

今日の負けは、負け方が本当にひどいです。

1.利益が出たところで逃げずに欲張ってしまった。
2.その後の50ティック下落でのナンピン反発で逃げなかった。
3.1000円切った後にさらにナンピンした。
4.大引けまで付き合ってしまった。

今日の負けはすべて欲張ったからです。
正しくトレードをしたいと心の底から思っているはずなのに、やっぱり欲張りという感情に左右されてしまう。

3時過ぎてからの脱力感ったら無いです。

終わってみたら欲張りの自分が相場の神様に裁かれ、この恥ずかしい欲張りを衆目に晒さねばならない罰を私に与えたわけですから・・・

ってことでほんと、恥ずかしくて少し脚色してブログ更新したいくらいでしたが、本当のことを書きました。自分のためなんで・・・

来週もデイトレードします。
何とか頑張ってみようと思います。

本日の収支:-30960円
今月の収支:-65358円

画像ファイル
posted by ちぬっち at 19:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | デイトレード報告 2020年7月
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187683812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック