2020年08月02日

2020年7月 デイトレ結果

2020年7月のデイトレ結果です。

収支:-78010円
勝敗:21戦15勝6敗

まずは7月の目標に対してどうだったかを検証したいと思います。

7月の目標
・自分の都合を相場に押し付けないで負けを認める癖をつける
・安易に複数銘柄に指値を入れておかない
・ザラ場は練習する時間も設け、いつもいつもエントリーしなければ、と思い込まない
・負けにくい手法を引き続き模索する

自分の都合を相場に押し付けないで負けを認める癖をつける
月間プラスがかかった6月最終日にこれが出来ずマイ転した教訓が全然生かせませんでした。
7月初日にも大きく負けましたが、こちらは寄り付きの成行買いでの失敗。
今月の6敗はすべて自分の負けを認めなかったため傷口を広げています。
大きく負ける原因ははっきりと分かっています。

安易に複数銘柄に指値を入れておかない
6月にこの方法で複数銘柄が同時に刺さり対応しきれなくて大きく負けたケースがあったので、指値を入れたら徹底的に監視することを実践。
不注意による損失は減らす事が出来ましたが、反対にトレード数自体も減ることになってしまいました。
今月はもう少し積極的に指値を入れようと思いますが、入れ方が問題ですね。
しっかりと考えようと思います。

ザラ場は練習する時間も設け、いつもいつもエントリーしなければ、と思い込まない
これは役に立っている反面、エントリーすべきタイミングでも見送ってしまう場面が多発しました。
いつもエントリーしなければと思うことは焦りにもつながり危険だと思っているので、オン・オフの感覚を磨いていこうと思います。

負けにくい手法を引き続き模索する
出来てないですよね・・・負けてますから・・・
だけど負けのすべてが損切り見送りの上、上昇を期待してナンピンですので、負けにくい手法は負けを認めることに尽きるかと思います。


とにかく7月はチャンスを探すといいながらチャンスを見逃す、あるいは見送ることによる機会損失と自分の負けを認められない弱い心によるトレード結果と言えるでしょう。

エントリーする際に「この指値より下がったらどうしよう」と思って躊躇するパターンが多いです。
下がったら負けを認めれば良いのですよね。エントリーに躊躇している間は自分の負けを認められないことと同じなんだという認識でいます。

よって、8月の目標は
・思っていたことと違ったら必ず撤退する、すなわち素直に負けを認めること
・積極的にチャンスを狙いに行くために、急落以外のシグナルにも気を付けてエントリー出来るようにする
・あきらめモードにならないためにも1回のトレードで長時間粘らないで、損失を取り戻せる体制にしておく
・8月こそは正しくトレードに参加して月間プラスにする

ということとしたいと思います。

7月は5月6月に比べても大きく負けてしまいました。
金額もさることながら、負け方が徹底的に情けないし、全く進歩がないです。
8月は夏枯れ相場なんて言われるくらい閑散とする中でのトレードとなります。
ここで目標としていることに注力して、何とか乗り切りたいと思います。

ここまでお付き合いくださいましてありがとうございます。
引き続き頑張りますのでよろしくお願いいたします。


posted by ちぬっち at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 月別まとめ 2020年
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187765337
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック